Monday, May 15, 2017

だいちゃん、JBCF ブルータイムトライアル、ブルークリテリウムin鴨川を走る。

5/13(土)、14(日)、千葉県鴨川市で開催されたJBCF ブルータイムトライアル、ブルークリテリウムに出場しました。
このところ自分なりに少しだけ力が付いてきたかなと思っていたので、いつもより自信を持って会場入りしました。

まずは、5/13(土)のタイムトライアル。鴨川市運動施設という所の道路を閉鎖して作られた特設コース(1.3km/周)を2周し、そのタイムを競うのですが、土曜日の鴨川は、嵐のような雨と風。凹みますね・・・。でも、天候は参加者全員が同条件、頑張るしかありません。試走してみると、クネクネと道幅が狭いコーナーが連続し、ぼくの技量ではタイムを縮めるのは難しいと感じました。そして、スタート時刻到来。審判の方にバイクを支えてもらって、両足をペダルに嵌めた状態でスタート!ガーミンのスタートボタンを押し忘れるほどの、すごい緊張。あっという間に、息が上がる。コーナーが迫る。全く曲がれない。直線で思い切り踏む。全然進まない。の、繰り返しであっという間に終了。64位(出走83人)でした。コーナーはダメでも、もっと直線でスピードを乗せられたら・・・。うまくいきませんね。

そして、5/14(日)、クリテリウム。前日のタイムトライアルと同じコースを20周。天気は、スッキリした晴れとは言えないものの、雨は降りませんでした。よかった。
ぼくは、E3クラスタの4組目でスタート。この日最後のレースです。既にレースを終えたチームメイトから、力の抜きどころや追い越しポイント等々知恵を付けてもらってスタート!今回のレースは、スタートラインに30人しか並んでいないので、先頭集団からこぼれることは無いだろうと舐めてました。正直言うと。ですが、スタート直後の猛ダッシュに全くついて行けず、1周目から最後尾の数名の集団で苦しい展開。ものすごく苦しい。それでも、3周くらいローテーションをしながら前を負いましたが、5周目、ローテーションで先頭から下りた後、トレインに戻れなくなってしまいました。そして、そこで足切り。DNFでした。

チーム練や、530練で走っていて感じるのですが、ぼくには最高速に乗せるための力が、かなり足りていないようです。それを克服するための練習をやってるつもりなんだけど、まだまだ努力が足りないんですね。もっと、頑張らないといけないな。でも、どうやったら強くなれるかとか、速くなれるかとかいろいろ考えて自転車に乗るのが楽しいです。次戦は、今回よりもいいリザルトを報告できるよう、頑張ります。

では次戦のご案内。6/10(土)那須塩原クリテリウム。6/11(日)那須ロードレースに、出場します。応援よろしくお願いします!!

最後に。今回もたくさんの応援、ありがとうございました!!
また、貴重なお休みを犠牲にして、チームの若手メンバーの引率とチームカーの運転をしてくださったSさん、本当にありがとうございました!!

写真は、足切り直前のぼく(^^;)。

Monday, April 24, 2017

だいちゃん、JBCF 東日本ロードクラシックを走る。

4/22(土)、23(日)、群馬県みなかみ町の群馬サイクルスポーツセンター(以下、群馬CSC)で開催されたJBCF東日本ロードクラシックに参加しました。
今回もE3のカテゴリー出場です。参加者の多いE3、ぼくは両日ともに2組目に振り分けられました。
リザルトは、次のとおり。

1日目(4周回、6km/周) 68位(出走85人) トップから4分53秒遅れ
2日目(3周回、6km/周) 43位(出走59人) トップから3分46秒遅れ

どうにもならないリザルトですが、両日分まとめて反省してみます。

まずは、スタート前の準備について。
この時季の群馬CSCは、寒いってことが分かっていたので、しっかりアップをすると共に、スタート前に脚、腕、お腹にオイルを塗って冷えを防ぎました。
それと、フルフィンガーのグローブ。全て正解でした。身体が冷えちゃうってことは無かったです。

続いて、スタート位置。
2レース共に最後尾からのスタート。群馬CSCは、スタート直後が長い下り坂であるためか、下りきるまで先導車がいるローリングスタートが採用されていました。
だから、積極的に前に並ぶべきなんだろうけど、大勢でコーナーに突っ込むことによる落車が、どうにも怖くて最後尾へ。この選択は、誰に聞いてもダメって言われるでしょうね・・・。
結果、リアルスタート後に先頭を追いかけるものの、2レース共に1周目の「心臓破りの坂」を上り終えた先頭集団を見た後は、まったくその姿を見れませんでした。
なお、今のぼくの実力では、いい位置からスタートしたとしても、遅かれ早かれ先頭から脱落していたと思います・・・。

道中は?
2レース共に、同じような位置にいる方とローテーション。苦しかったけど、先頭に出れるときは出てみました。

ゴール前の頑張りは?
常々、コーチから最後まで踏むことを厳命されているのでそうしたかったのですが、1日目は早く仕掛けすぎてフィニッシュラインまで持たず。2日目は、それまでに疲弊してしまい、周りに全くついて行けない状態でした。
たくさん名前を呼んでいただいたのに、申し訳なかったです・・・。

以上、残念な2日間でした。

開幕の宇都宮2連戦と、今回の群馬2連戦を走ってみて、ぼくには、JETでやっていく実力がまだ備わっていないことがよく分かりました。
サラリーマンレーサーの枠で捉えると、練習量では負けてないつもりであったけど、この1ヶ月は体調を崩してしまったこともあり、納得いく練習が出来ず、そんな状態では当然レースではいいリザルトなんか出るはずもなく。
また、レースでああしたい、こうしたいとの目標も立てず、そのための練習計画も立てず、行き当たりばったりでした。こんなんじゃダメだな。
そして、なんと言っても、自転車を楽しめてない気がしてきてしまった。以前は、レースや練習でコテンパンにされても楽しかったんだけど・・・。

その頃の状態を早く思い出して、また明日から頑張ります。

さて、陰気な記事になってしまったけど、次戦のご案内。
5/13(土)ブルータイムトライアルin鴨川、5/14(日)ブルークリテリウムin鴨川に出場します。 「ブルー」って何?というのは置いておいて、タイムトライアルは初めてなので、ドキドキです(^^;)。
それと、4/30(日)うつのみやサイクルピクニックで、サポートライダーを務めさせていただきます。当日は、ピンクのキャノンデールで走りますので、どうぞ声をかけてくださいませ。

文中の1枚目の写真は、朝練仲間のW氏より。instagram から、@heizelwood さんのpicを使わせていただきました。本当にありがとうございます。

#東日本ロードクラシック #Day1 #E3

Noritsugu Itoさん(@heizelwood)がシェアした投稿 -

Saturday, April 1, 2017

だいちゃん、JCRC(第1戦@日本CSC)をDNF・・・

4/1(土)、天気予報どおり雨が降っていた修善寺は日本CSC、JCRCの第1戦に参加してきました。
今年からJETに出場することになったけれど、JCRCは思い入れのある競技会なので、これからも可能な限り出場したいと思ってるんです。
で、今回もDクラスにエントリー。事前に発表されたスタートリストには、なんと13名しかいない。当然、勝ちを狙って修善寺に乗りこみましたよ。

8:34スタートのDクラス、結局スタートラインに並んだのは8人。「この中ではぼくが一番練習してるハズだから、絶対勝つ!!」って思っていました。
一方、天気予報ではこの時刻には雨が上がっているハズでしたが、シトシト降り続けていました。ぼくは、試走はあきらめてローラーでアップ。いい感じで身体が温まったけど、スタートまでには冷えてしまいました。
そして、定刻にスタート。Dクラスは、5周回(5km/周)25kmの勝負です。スタート直後の坂を下って、リアルスタート。なんとなくぼくが前に出される感じで、トップで最初の上りをクリア。かなりゆっくりペースで上りました。だから、息も切れないし、身体も温まらない。すっごく寒い。ぼくは、生足出して半パンでした・・・。
そのまま下って上り返し。とにかく寒い。上ってるのに寒い。「これはマズイ」と、ようやく気が付きました。大失敗だ・・・。
2周目に入ると、指が動かない。シフトチェンジが出来ないどころか、ブレーキも危うい。脚も全く回らない・・・。ぼくは、このままコースにいては危険なレベルと判断して、3周目に入らずにバイクを降りました。途中棄権、DNFです。悔しい。エイプリルフールであってくれ・・・。

バイクを降りたら降りたで、膝が震えてしまって立っていられない。生まれたての小鹿のよう。そのうち全身が震えだして、怖かったです。這う這うの体で車まで戻って暖をとり、ようやく生き返りましたが、ほとほとまいりました・・・。

敗軍の将が兵を語らせていただくと、ぼくはレースに挑むための準備が全くできていなかったです。タイツや雨用のジャージ、グローブをしっかり準備しておけば、こんな惨めな結果は招かなかったはず。次のレースには、しっかりと準備をしたいと思います。

おまけ。
修善寺遠征のときに必ず立ち寄る、「irodori」の「ストロベリーショートケーキ チョコレートがけ」。
とんでもなく、おいしいです(^^)。

Monday, March 20, 2017

だいちゃん、JBCF 宇都宮ロードレースを走る。

今シーズン初開催となった「宇都宮ロードレース」に出場しました。ジャパンカップのコースの一部を使ったレースです。このコース、宇都宮の選手なら誰しも、ホームコースと言うであろうおなじみのコースでして、それだけにその苦しさを分かってるんですよね・・・。実際にスタートしたら、そのとおり苦しかったです(^^;)。

で、ぼくは、E3(1周約6kmを2周半)の2組目でスタート。スタート位置は、いろいろあってほぼ最後尾から。昨日もそうだったけど、JBCFのスタートって殺気立ってる。JCRCやシクロクロスは、そうじゃないけど・・・。

てな訳で、無事スタート。すぐに鶴カントリークラブの上りが現れます。既に苦しいけど、モノスゴイ応援に後押しされてクリアして、1周目終了。でももう、先頭には追い付かない。けど、くじけずにペダルを踏み込む。これまた苦しいけど、ローテーションを繰り返して2回目の鶴カンの上り。またまたスゴイ応援。ハナミズやヨダレがタレまくってるのに、たくさん写真を撮っていただいて、ほんと感謝です。下りで休んでる場合じゃないので、これまた頑張って踏んだけど、疲れが出てきてしまって・・・。メカトラで遅れていた朝練仲間のPくんが作った列車に乗れと言ってもらったけど、萩の道の上りで残念ながら脱落。このひと踏ん張りが出来ないのが、課題だなぁ・・・。
そして、最後の鶴カンの上り。この日、体重が今シーズン最軽量(54.0kg)となったにもかかわらず、身体が重い重い。でも、ゴールはすぐそこ。またまた最大級の応援と、コーチから「1つでも前に出て!!」との檄をもらって、なんとか2人をかわしてフィニッシュ。

おかげさまで、当面の目標としてきた2つのレースを、無事に終えることができました。まだまだ着にからめるレベルには到達してないけど、いつかそうなれると信じて、これからも練習を続けていきます。
また、2日間に渡って、熱い応援をいただき、感謝感謝です。ありがとうございました!!


Saturday, March 18, 2017

だいちゃん、JBCF 宇都宮クリテリウムを走る。

今シーズンから、「ブラウブリッツェン」で走らせてもらうことになり、昨年12月からチームの練習に参加してきました。いつもみんなに付いて行けなくて悔しい思いばかりだったけど、少しは実力が上がった気がしてきました。
で、本日は、その練習成果を初めて発揮する日、そう開幕です。地元宇都宮の「宇都宮クリテリウム」。
この写真では、「宇都宮クリテリウム」ってことが全く分かりませんが、スプロケットを11-23にして挑みました。
また、ぼくのレースは午後からなので、風が強いかなって思ったけど、それほどでもなく。ただ、半袖ジャージにレーパンでは、寒かった(^^;)。

そして、スタート。真ん中くらいからのスタートだったけど、スタート直後にガチャガチャと混乱があり、スピードを乗せるのが遅れてしまいました。どんどん抜かれて、集団最後尾。やれやれ。すると、第2コーナーの出口外側で落車発生。スタート直前に、キャプテンから内側を狙うようにとアドバイスをもらっていたので、助かりました!ありがとうございます。
その後の道中は、コーナー手前で前に迫るけど、直線に出ると引き離されてるという、典型的なダメなパターンのレース展開。案の定、2周目を終わったあたりで力尽きました。ふう。
とガックリしてたら、チームメイトのMくんが、前に出て牽いてくれました。本来、こんな場所で走ってる選手じゃないけど、先ほどの落車で完全にストップしてしまったらしい。残念だ。でも、ぼくはそのおかげで、ゴールまでたどり着けました。ケガ無く完走出来て、本当に良かったです。

それから、今日はたくさんの応援をいただきました。夢中で走っていたため、全く答えることは出来なかったけど、しっかり聞こえていてすごい後押しでした。ほんと、うれしいです。どうもありがとうございました!!
さて、次戦。て言うか、明日です。「宇都宮ロードレース」に出場します!!勝ち目は無いけど、今日よりはマシな走りが出来るかなと思ってますので、応援よろしくお願いします。

Monday, February 27, 2017

ヘルメット買いました。

ヘルメットを買いました。今使ってるのを壊した訳じゃありませんが、今季のレース活動をするのに必要だったんです・・・。
レースするのって、お金かかりますねぇ。頑張って働かなくちゃ。

で、購入したのはコレ。宇都宮ブリッツェンが使用している「MET」というイタリアのブランドのヘルメット。コストパフォーマンスが良いとの評判で、試してみることにしました。昨日のチーム練で使ってみたけど、重くなく(L サイズで、270g でした。)、暑くもなく、とてもいい感じです。今季のレース、コレを使って安全に、でも積極果敢に走りたいと思います。

Saturday, February 4, 2017

だいちゃん、「2016宇都宮シクロクロスシリーズ in みずほの自然の森公園」を走る

立春を迎えた2/4(土)、シクロクロスのレースに出場しました。「2016宇都宮シクロクロスシリーズ in みずほの自然の森公園」です。

朝はさすがに寒かったものの、どんどん気温が上昇し、試走したら汗がスゴイ。でも、寒がりなぼくには好条件。少しだけ期待が膨らみます(^^)。
ぼくは、「カテゴリー4B」というクラスに出場、30分のレースです。スタート位置は、12月のレースと同様申し込み順ってことみたいで、最前列に並べました。抜きどころの少ないシクロクロスでは、このスタート位置が重要なんですって。

いよいよスタート時刻が迫ってきて集合場所で待っていると、大会MCの宇都宮ブリッツェン廣瀬GMがいらっしゃって、ぼくにインタビューしてくれました(^^;)。何を喋ったかほとんど覚えてないけれど、「目標は?」との問いに、「初心者なんで楽しく走りますぅ。てへっ。」なんて当然言えず、「シングルリザルトを狙いますっっ!!」って答えてしまいました・・・。今考えると、もっと笑いを取らねばならなかったのかも。後悔しています。

ホイッスルを合図に最前列真ん中からスタート。ペダルのキャッチも一発で決まり、グイッと踏み込みました。当然前には誰もいなくて、すごくいい気分。でも、「このままじゃ、トップでテクニカルなセクションに入っちゃうな」と思って遠慮したら、スルッと3人(たぶん)に抜かれて、4番目で林の中のテクニカルなセクションへ。ちょっとだけある直線部分では、前に詰まってしまい脚を止めなきゃならなかったので、すぐ前の人達よりぼくの方が直線は速いみたい。けど、「ぼくが前に出ちゃったらその後邪魔しちゃうな」なんて思っていたら、後続にゴリゴリ抜かれてしまいました(^^;)。で、その後はほとんど覚えてません。前の人を避けようとして複数回の転倒や足着きがあったかな・・・。その度に抜かれて、結局シングルリザルトとはならず、最後尾から数えてシングルリザルトでした。でも、レース全体を通して全力を出せたので、良かったです。少しだけ、自信を持てました。

シクロクロスのレースは、観戦してくださる方々との距離が近いです。だから、声援が耳に届いてとても励みになります。今回も、朝練仲間をはじめとして、会社の先輩や見ず知らずのお客様からの応援、廣瀬GMは実況でぼくの名前を呼んでくれて、おかげで最後まで全力で走れました。どうもありがとうございます!!今シーズンは、これにてシクロクロスのレースはおしまいにしますが、これからも練習は継続して来シーズンこそシングルリザルトを獲得したいと思います。