Wednesday, July 19, 2017

だいちゃん、JBCF 石川サイクルロードレースを走る。

7/16(日)、福島県石川町で開催された「JBCF 石川サイクルロードレース」に出場しました。ぼくは、E3クラスタに出場。13.6km/1周の周回コースを3周回の勝負です。
「石川サイクルロードレース」は、そのハードなコース設定と暑さで有名。おまけに、落車も多いという評判。にもかかわらず、レーススケジュールには、試走時間が設定されていません。会場に早めに到着したら、最初のレースのスタート時刻前に、どうにかして試走したいなぁと思っていました。が、もの凄い眠気に襲われて、木陰で寝ることを選択しました。おかげで、気分はスッキリしたのですが、不安は募るばかり。周辺の道路でアップをして、スタート時刻の1時間前に待機場所で並びました。じてんしゃの杜チームのSくんが隣にいてくれたので、緊張も解れ、ようやくスタート。並んだおかげで比較的前方から戦闘開始でしたが、左前でいきなり落車発生。「なぜに?」と思いながら、「こっちに転がって来ないで」と念を送りつつ、脱出。先頭がすぐ目の前に見える位置で付いて行きました。けれど、コースが分からないので、おっかなびっくりって感じの走行。身体が硬く、息が苦しい。「これはマズイ」と思いつつ、残り4kmから始まる上り坂に突入。インナーギアを使うと遅れちゃう気がしてアウターローで踏んで行く・・・。
しかし、ここで集団からドロップ。もうダメ、勝負にならない。そこからは気持ちを「完走」に切り替えて頑張りました。道中では、たくさんの応援をいただき勇気づけられました。2周目は、雨も降ってきて修行のよう。同じように遅れてしまった選手たちと協力してレースを進行しましたが、やはり残り4kmからの上りで単独に。全く上れない。「やばいなぁ。足切りされちゃう。」と思いながら上っていくと、ぼくのレースの2分後にスタートした女子選手に抜かれてしまいました・・・。情けない。けど仕方ない。と思いつつスタート地点に戻り、「さあ3周目、ラストラップ!」と気持ちを切り替えたところで、審判からレース終了の宣告を受けました。足切り、DNFです・・・。

今回は、脚が回らないというよりも、あっという間に息が苦しくなってしまい、そこから回復出来なかった感じです。もっと、心肺機能を高めるトレーニングをしないといけないかな。
以上、残念なリザルトでしたが、今回もたくさんの応援をいただきました。本当にありがとうございました。

さて、次戦。7/29(土)「大田原クリテリウム」、7/30(日)「やいた片岡ロードレース」に出場します。今度こそいいリザルトを報告できるよう、暑い日が続くけど、練習がんばります!!

Sunday, July 9, 2017

そう思ってはいたけれど・・・

日曜日は、チーム練の日です。
が、那須ではロングライドのイベント、秩父の山ではJBCFのヒルクライムレースがあるので、メンバーがそれぞれに散らばって、練習の参加人数が少なめ。
でしたが、作新学院大学自転車競技部のメンバーが一緒に練習してくれることになって、盛り上がりました。

今日の練習メニューは、小来川の黒川神社から山久保という所までの約5kmの上りのリピート練(3回)です。このコースは、ぼくにとってはホームコースとも言っていいので、負ける訳にはいきません。

まず1回目。
AチームとBチームそれぞれで、緩やかな区間をローテーションしながら上りました。結果、山久保手前の勾配がきつくなるところで、アッサリと千切れました。
2回目。
Bチームは、Aチームのツキイチで上りました。つまりBチームのぼくは、ローテーションに加わりません。なので、楽なハズだったけど・・・。
途中、真理コーチからAチームのメンバーにエースアップの指示が入り・・・。ココは、耐えられた(^^)。そして、2度目のさらなるペースアップの指示で、バッサリと千切れました。
3回目。
2回目同様、Bチームは、Aチームのツキイチで上りました。今度はスタート直後から、高速ローテーションの指示で、グッサリと千切れました。

とほほ。ホームコースのハズなのに、全く歯が立ちませんでした。練習後のミーティングにて、「やはり、上りが弱点ですね。」との指摘をいただきまして・・・。現チームに所属してから、「そうは思っていたけれど・・・」、ショックですね。ぼくには、ストロングポイントが無いだけに(^^;)。
でも、キッチリ指摘してもらえるって、とてもありがたいです。暑くて仕方がない季節だけど、弱点克服のために、楽しんで乗っていこうと思います。
森林公園の緑が、深くなりましたね。「夏」です。

Saturday, June 24, 2017

貴重な体験でした

待ちに待った週末土曜日。しかも、梅雨なのに晴れてる。存分に自転車乗れますね。

で、土曜日でチーム練は無いから、どうトレーニングしようかなと思っていたら、真理コーチから、自身のトレーニングに同行できるメンバーの招集がかかりました。「迷惑にならないかな?」と心配だったけど、「来て欲しくなければ招集もかからんだろう」とポジティブに考えて、集合場所へ急ぎました。すると・・・
真理コーチ(以降、真理選手)、チームメイトでE1を走るKくんとHくん、それにトップチームから増田選手、そしてTREKの中村さん。ぼくを除いて、すごいメンバーが集まった(^^;)。「大丈夫なん?オレ」と思ったけど、いざスタート。

練習メニューは、平坦なコースを、真理選手、Kくん、Hくんが10分間で先頭交代。まずは、それを3セット。ぼくは、ローテーションには入らずにツキイチとの指令。増田選手と中村さんは、後方の安全確保です。

この練習でのぼくの個人的な目標は、以下2つ。
1.最後まで絶対に千切れないこと
2.真理選手のエアロポジションより低いフォームで走ること

結果、しんどかったけど、3セットのメニュー中は、千切れずに走り切ることができました。これは、自分でも驚き。2つ目の目標にした、エアロポジションを貫いたおかげかもしれない。いつも練習後半に脚がパンパンになってしまうけれど、今日はそれが無かった。走行フォームを考えて走るって、大事なんですね。
練習最終盤は、全員でローテーション。最後の最後で千切れてしまいましたが、真理選手や増田選手の走りを間近で見ることができたことは、とても貴重で有意義な体験でした。どうもありがとうございました!!

解散後、抜け殻状態で撮影したぼくのガーミン。集合場所までのちんたらした走行分(約30分)も含めても、この平均速度・・・。お疲れさまでした(^^;)。

Thursday, June 22, 2017

やる気が出ないが訳ない

今朝は530練に間に合う時刻に起床したけれど、道路がちょびっと濡れてることを理由にDNS。それなら、ローラーやればいいのに、もう一度寝てしまいました。あれれ、やる気を無くしてるのか?オレ。

で、出勤。すると、前方にロードバイクに乗った見慣れた青いジャージを発見。先日E1に昇格を決めたチームメイトのHくんだ。練習に向かうところみたい。「むむぅ、強いヤツは乗ってるなぁ。負けてられん。夜練しなくちゃ。」とやる気が湧いてお仕事。けれど、クールビズという名の劣悪な職場環境(空調の設定温度が高く、暑すぎる・・・。)に負けて、終業の頃には、またもややる気ダウン(^^;)。

で、帰宅。すると、今度はメリダの小坂選手が夜練に向かうのを発見。彼は、ぼくと同じフルタイムワーカーだから、今度こそぼくも負けられない。宇都宮の自転車の環境、「やる気が出ない訳がない」。

急いで支度して、いつもの夜練のコースへ。
すっごい夕焼けに出合えた。これだから、自転車はやめられない。
この先の川沿いの道では、ホタルが乱舞する中をもがいてもがいて。ちょっと自分に酔ってしまったかな(^^;)。でも、ほんといい環境にいさせてもらってる。もっと強くなって、みんなに恩返ししたいです。

Monday, June 19, 2017

レースで使わない理由

またもや自転車ネタで恐縮です(^^;)。

昨年購入したこのシューズ、とても軽くて履きやすいのですが、レースで使いたいけれど、使えていません。(実は、昨年のジャパンカップで使って、酷い目にあった・・・。)
その理由は、クリート(シューズとペダルを固定する金具)がすぐに動いてしまうこと。足が前後に動いちゃうので、力が逃げてしまいます。どうやら、この写真の「シム」が動いちゃうみたいでして。ネジをしっかり締めてるんだけど・・・。
昨日の練習でも、集合場所に着く前に動き出しちゃって、しっかりとペダルを踏めない状態でした。「もうっ」って感じ。なんでかね?先ほど、カーボン用の滑り止めを塗って固定し直してみましたが、効果が出るといいなぁ。明日の朝練で試してみます。

という訳で、明日は絶対に530練行きますよっ。

Sunday, June 18, 2017

こんな日曜日でした。

ブログを始めて、もう10年以上になるかな。以前は毎日更新してたんだけど、最近は Facebook や Instagram での投稿もしたりしてるので、更新が月に1、2回のペース、しかも話題は自転車ネタばかりとなってしまいました。
でも、ぼくはやっぱりブログが好きなんで、とりとめもないことをこれからも書いていこうと思います。

6/18、曇り空の日曜日は、所属する自転車チームの練習が9:00からなので、7:00に起床。530練に比べればとっても楽ちんです。で、今日のチーム練のメニューは、チーム内で区別しているBチームを強化する練習でした。Aチームは、かなり強いメンバー。Bチームは、これから強くなって欲しい選手や、女性が含まれます、ちなみにぼくは、Bチーム。つまりは、ぼくのための練習でした。
なので、いつも以上に気合いが入ります。せっかくのなので、監督やコーチにいいところを見せたいもんね。だから、レースじゃないけど出発前にしっかりアップ。このオイルを使って、筋肉を柔らかくするとともに、日焼け止めクリームを塗って、日焼けによる疲労を防止して走り出しました。この2セット、効果はかなりあると思います。
そして、チーム練のスタート前にBCAA を服用し攣りを防止。これも、効果がある気がするなぁ。実際、今日は攣らなかったし。

肝心のチーム練は、平地メインの高速な練習。1周約15kmのコースを2周回。1周目は、みんなでローテーション。2周目からが、フリーでレース走。つまりは、2周目からが実際の練習なんですね。ぼくは、絶対に最後まで先頭に残りたいと決意して、2周目へ。

が、2周目に入って早々の上り坂で、Aチームの強いメンバーがグイッとスピードアップ。たぶん、彼らにとっては軽いジャブのつもりなんだろうけど、ぼくには対応できない。あっけなく見送らざるを得なかった。かなーりくやしいけれど、残ったBチームのメンバーをまとめて、追走開始。しかし、下り基調の区間でかなりスピードが出てるんだけど、全く追いつかない。そこへ、真理コーチがヘルプに入ってくれて、追走集団がパワーアップ。油断すると千切れてしまう状況だったけど、なんとか食らいついて残り半分の地点となる上り坂へ。ぼくは、ここで力尽きてしまいました。ぼくのための練習なのに最後まで残れないってのは、かなりくやしかったです。
これにて、チーム練は終了。良かった点は、脚が攣らなかったことと、低いフォームを意識して走行し、まあまかついて行けたってところ、そして今日も練習が楽しかった(^^)ってことかな。

練習後は、ペダリングとフォームを意識して、ひとり居残り練しました。
練習コース沿いは、そばの花が見ごろを迎えていますよ。
それと、帰り道で売ってる直売所で、トマトを購入。
1袋12個入って、500円。ちょっと青いけれど、すっごくおいしいトマトでした。また買おう。

帰宅してシャワーをしたら、こいつでセルフケア。
セルフケア、やるとやらないでは、えらい違いです。若くない選手は、絶対にやるべきと思います。

夕方になり、ようこちゃんと夕ごはんの買い出し。2本で880円のワインを買ってもらい、軽ーく晩酌。
うまいなぁ。ぼくは、これくらいのワインで十分です(^^;)。
夕ごはんの後は、ル・コフレで買った、こちらのスウィーツ食べて、楽しい日曜日はおしまい
また新しい1週間が始まりますね。楽しんでいきましょう!!

Monday, June 12, 2017

だいちゃん、JBCF 那須ロードレースを走る。

6/11(日)、那須町で開催された「JBCF 那須ロードレース」に出場しました。
E3クラスタ1組目、約70人と競走です。 コースは、那須町役場付近の一般道を閉鎖して作られた、全日本選手権でも使われたコースの一部を含む、1周7.1kmの周回コース。当初、それを3周回の予定でしたが、他のレースの進行が遅れたことにより2周回に減らされて、スタート。 スタート位置は真ん中くらい。密集していて不安だったけど、そんなことはみんな同じだろうと割り切ってスタート。ペダルのキャッチがうまくいかない選手をかわして、まずまずのスタートを切れました。その直後は、長い下り。午前のレースで、チームメイトがパンクをしてるので、走行ラインを慎重に選んで走行。すると、同じ栃木のチームの実力者FM730のM氏が見えたので、そのすぐ後方の位置を確保しこのコース一番の上り坂へ。この坂を越えて、スタート/フィニッシュラインへ続くだらだらした上り坂までM氏に付いていければ、まずまずのリザルトになるだろうと予想できたので、すごくいい場所で走れてると満足。M氏は上手に安全な走行ラインを見極めて走っていて、おかげさまで、ぼくも安全にいい感じで上りきることができました。
が、失敗はその直後にやってきました。上りきったところで下りのラインの選択を誤ってしまい、申し訳ないけど遅い人達のラインに入ってしまいました。「やばい」と思った刹那、M氏の背中はあっという間に小さくなり・・・。急いで下って単独かつ全力で後を追ったけれど、あと少しのところの踏ん張りができず、先頭集団に復帰することができませんでした。残念。
こうなっちゃうと、乳酸が全身を駆け巡る上に、ぼくは回復が遅いから、大ピンチ。先頭からこぼれてきた選手数名と小集団を形成しレースを進めましたが、各々のペースが揃わず(「先頭でスピード上げずに、協調してくれ!」と叫んだが、みんなひとつでも上位を狙ってて必死だもんね、うまくいきません。)、その集団からも漏れ、その後からやってきたチームメイトの中学生2人と朝練仲間S氏がいる小集団に乗っけてもらいフィニッシュライン近くまで。最後は、彼らにも置いて行かれ、完走はしたけれど、悔いが残る結果となりました。

反省すべき点としては、上り坂頂上で油断してはいけないってこと。常々心がけているつもりだったけど、大事なレースで失敗してしまいました。上った先の下りのことを考えていなければなりません。
良かった点は、「全力出してレースを楽しみましたっ!」ってことかな。先頭からこぼれた後、さっさと集団復帰を諦め、もっと賢く走っていれば、もっと楽にレースを終われたとは思います。でも、それではぼく自身が納得できないので、失敗ばかりのレースだったけど、これでいいのだ(^^)。

そして、今回もたくさんの応援、ありがとうございました。励みになりました。また、「こどもブリッツェン」で一緒に練習したRくんがレース後駆け寄ってきてくれて、「すごく速かったねっ」って言ってくれたんです。すごくうれしかった。ありがとう。小さいのに気を遣わせてごめんね。彼がエリートツアーを走るようになるまで、ぼくはレース活動を続けられるだろうか。もしそんな日が来たら、泣いてしまうかもしれん(^^;)。

さて、次戦は。7/16(日)、福島県石川町で開催の「石川ロードレース」に出場します。ハードなコースで完走すら怪しいけれど、存分に楽しめるよう、しっかり練習していきます!!